スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スキンシップ☆

寒さが厳しいこの季節、可愛い我が子のためでもやはり雨や雪風、何らかの事情でお散歩に行くことが大変な日もありますよね。そんなときにはぜひ室内で遊んでスキンシップをとって頂きたいですね

もちろん、室内の遊びで補えないお散歩の役割もお忘れなく

●社会性が身につく
→外部からのあらゆる刺激にふれることで学習し、内面的にも成長します

●気分転換になる
→とくに高齢犬の場合は体力の衰えから家にこもりがちになるので、毎日の生活が単調化してしまいます。抱っこなどでちょっとお外へ連れ出したりするだけでもよい気分転換になりますから、高齢犬でもお散歩は必要ですよ

●運動欲求を満たす
→体の構造上、わんちゃんには運動が不可欠ですやはり足りなければストレスにもなりますので、ある程度の運動で欲求を満たしてあげましょう

さて、長くなりましたが、室内での遊びでもわんちゃんにとって大好きな飼い主さんとの楽しいひとときそしてストレス発散プラス学習という効果もありますよ遊び方によってはしつけにつなげることができ、効果は大きいものでしょうね

安全第一
注意して頂きたいのは室内での環境です床が滑ってしまうフローリングで走ることはわんちゃんの膝や関節など負担がかかり、ケガの元カーペットを敷くなど気をつけて下さいカーペットの質にも気を使って下さいね爪が引っかかって抜けてしまったわんちゃんも中にはいるのです。。

ほかにも、かなりのスピードで走ったり跳ねたりすることがあるので、勢いあまって階段から落ちたり、ストーブにぶつかって火傷したりしないよう、危険な場所には柵を取り付けておくと安心です

わんちゃんの犬種の特性を活かせばもっとおもしろいかもしれません猟犬、牧羊犬、作業犬、愛玩犬、、それぞれの能力や体質を発揮できるような遊び方を考えるのもいいですね

お留守番の時、忙しくてかまってあげられない時など、ひとり遊びができると飼い主さんとしても嬉しいですよね

●おもちゃを認識させよう
→遊んでいいもの、悪いもの。遊びとイタズラは違いますからね

●おもちゃを魅力的にしよう
→ひとり遊びをしてもすぐ飽きてしまえば寂しいですね。おもちゃの中におやつを仕込んだり、おもちゃをフードの袋の中に入れてニオイを付けるなど、ちょっとした工夫で長続きした例があります我が子の好みを熟知してらっしゃると思うので、ローテーションをさせて使うと、新鮮な気持ちで遊ぶことができます破壊してしまうこともあるので、強度や造りも確認して下さいね

逆に何気なくしている行為がわんちゃんを怖がらせたり、問題か行動を助長したり、ときには健康を脅かすこともあるので注意してください特に成長期の子犬には

直接手で遊ばせたり、じゃれさせると、甘噛みOKと勘違いさせてしまったり。。

おいかけっこでわんちゃんを追い詰めたり急に捕まえたり、手足やしっぽをつかんだり、、襲われた気持ちで怯えてしまいます

引っ張りっこで力ずくでムキになって、わんちゃんの体に負担をかけていませんか??歯や首、体を大切にして下さい

コミュニケーションはお互いにリラックス状態で行ってくださいね

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

nakanomichi

Author:nakanomichi
ペットショップわんわんに併設しています!

調べてみよう♪
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。