スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生と死に向かい合うこと

昨日は新しい命との出会いについて書きました。

今日私はこの仕事に携わって、初めて死というものを目の前にしたと思います。

お客様や患者さんで、お家で息を引き取り、旅立っていった命、「死」と直面したことは何度かありました。

口では生と死に向かい合うことや患者さん飼い主さんへのケアを容易く言えますが、いざ、消えゆく命「死」を初めてまのあたりにした時、自分は悲しいだけの人間でした。。

正直、嘘だ信じたくないと受け入れたくなかったです。その子とのことばかりを考えていました。

そこで助手のわかちゃんが「洗ってあげよう」と声を出し、そこで皆ふと今自分がするべきこと と、心の切り替えができました。

泣いて悲しむだけでは乗り越えられません。

本当に「死」を目前とし、今日私は初めて生と死に向かい合うことを学びました。

口では簡単に言える。
でもマニュアルなんてない。

今後も「死」と出会うことがあると思います。その人がいて、その子がいて、沢山の色んな感情気持ちがあって、、

答えなんてありません。
うまく言葉で表現できませんが、今日は学んだことがありました。ありがとうわかちゃん。

自分が最後の最後までその子にできること。その時、今、もっとしてあげられること。大切なこと。
すぐに行動できるかな‥。
そんな人間になりたいと思いました。

コメントの投稿

非公開コメント

今日は一人の親としてコメントを入れます。以前お客様で自分の母親が病気で看病をして、自分の仕事!看護士が出来なくなり辞めた事を聞きました。私はその事を聞いたときに、私も仕事を辞めると思いました。数年たってやはり、またその仕事に復帰すると聞き、素晴らしいと思います。私ならば難しいです 今日は辛いことがありました。けど娘が私の背中を叩いてくれたことに目がさめました! 悲しい状況にいた私でしたが、娘の一言が無ければ向き合うことはなかったです。死ということに まだまだ未熟者の親ですが助け合い頑張っていきます。

No title

私はそういう事に結構気持ちの切り替えが早いです
悲しいけど悲しんでいても泣いていても戻っては来ないのだからって思っちゃいます でも決してその子を忘れる事ではありません それは親でも子でも犬でも人間でも同じですね
プロフィール

nakanomichi

Author:nakanomichi
ペットショップわんわんに併設しています!

調べてみよう♪
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。