スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日射病にご注意!

だいぶ釧路も暑いと感じるようになってきました晴
もうそろそろ気をつけたいのが『日射病・熱射病』です。

気温が高く、換気の悪い場所に放置したり、炎天下で直射日光を浴び続けることによって起こります。
犬の汗腺は足の裏にしかないため、汗を出して体温調節することができません。そのため口を開けて空気を出し入れすることで体温の調節を行っています。しかし、気温が高くなり過ぎると、いくらハァハァしても体温調節が間に合わなくなり、その結果体温が上昇したまま下がらなくなってしまいます。場合によってはショック状態におちいり、死亡することもあるため、緊急処置が必要になります!!

また、肥満している犬は体脂肪が多いため、熱の発散が悪く、日射病や熱射病にかかりやすいといえます。被毛が長く毛量の多い犬も暑さに弱いものです。さらに短鼻種の犬は気道が短いため、注意が必要です!

症状としては、呼吸が速くなり、激しいあえぎ呼吸をする、大量のよだれが出ている、意識がもうろうとする、フラフラ歩き動かなくなります。病状がすすむと、嘔吐や下痢、けいれんが起こり、呼吸不全になるとショック状態に。。

これらの症状が現れたら、すぐに涼しくて風通しのよい場所に移し、体に水をかけたり、冷たいタオル・氷をあてるなど、体を冷やしましょう!水を飲みたがる場合は十分に与えます。口からよだれや泡を出してる場合はぬぐって呼吸しやすくします。回復しても、後で他の症状が出ることもあるので応急処置後はただちに病院へ運びましょう。

予防対策として大切なのは、車の中など、密閉され気温が上昇しやすい場所に長時間放置したり、炎天下で運動させないことです。夏の散歩や運動は、日が昇る前か後にするようにしましょう。室内にいるときは必ず水を用意し、風通しが良く、涼しい場所を確保してください!市販のクールマットを敷いておけば涼をとることができます(^∇^)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

nakanomichi

Author:nakanomichi
ペットショップわんわんに併設しています!

調べてみよう♪
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。